Sponsored Link

少し長めの自己紹介③ (これからやりたいことの話 編)

BLOG
Sponsored Link

私にピラティス哲学を教えてくれた偉大な先輩・先生は本当に沢山いらっしゃいます。

 

そのなかでも、本当に本当に衝撃を受けて、素敵だと思って、こうなりたいと思っているピラティスティーチャーとの話を紹介させてください。

 

私はインストラクターになって5年目の秋に、ご縁をいただいて当時の先輩方に混ざって1週間テキサスのオースティンで活動をしているWendyというピラティスティーチャーに会いに行きました

 

実は4年目の時にも所属していた会社主催のワークショップがあり参加したことがあり、私は社員だったので送迎の担当もさせていただいていたので、面識はありました。(英語は中学生程度です)

 

その時に習った身体のとらえ方、考え方がピラティスやヨガを超えていて、私は衝撃を受けました。

 

前の記事に書いた「ピラティスの動きが上手にできるようになるよりも、「その人の身体にとって良いことをしていく」ということ」という考え方を教えてくれたのも彼女でした。

 

言葉としてわかってはいても、「その人のためのエクササイズ」がどういったものなのかをレッスン中に沢山見せてくれて、本当に勉強になりました。

 

書いてしまえば当たり前のことになるのかもしれませんが

 

・身体の繋がりを理解し感じること

・エクササイズにはめ込むのではなく「あなたのエクササイズ」をする(身体の条件・クセはみんな違う)

・体はもともと賢いので、その身体の声を聴くこと

・身体を含め、ピラティスマシンや小道具、マット、細胞全てと「コミュニケート」すること

・「ちょうど良い」ところを探していくこと

・痛みがあるときは痛くない使い方を探っていくこと

 

などなど。私自身がまだ学んだことを理解している途中なのですが、「自分の身体を扱う」奥深さや楽しさを超えた、尊さのようなものを学びました。

 

そして彼女自身の人柄にすごく惹かれました。探求心、心の広さ、すべてを愛する心…

 

また彼女のもとで学びたいとタイミングを狙っております。

 

または日本でWendyの学びを得た人がいたら、ぜひ仲良くなりたいです。

 

・スタジオを辞めて今の活動

・これからやりたいこと

 

元々はいつか自分のスタジオを持つのが夢で正社員のピラティスインストラクターになりました。

 

それは、誰かにとっての「家でもスタジオでもない第3の場所」を自分で作りたいとバレエ時代から思っていたからです。

 

特に、前に書いた子供たちにとっての「第3の場所」を作りたいという思いがずっと強くあります。

 

それは、私が生きてきた中で

 

「家でも学校でもない、自分の好きなことができる場所」の存在が大きかったからだと思います。

 

子供にとっては学童のような場所。

 

アスリートやダンサーを目指す子供たちにはそれを手助けできる場所に。

 

大人にとってはピラティスで自分をゆっくり見つめ、癒す時間になるように。

 

ちょっと詩的になってしまいましたが、ピラティススタジオと学童が合わさったみたいな場所を作りたいです。拠点を探し中。子供がいっぱいいる地域でやりたいです。その地域に根差しても大丈夫そうだなってところでやりたいです。

 

法人の仕組みとか全くわかってないのですが、NPO的な感じにして、学童の方は慈善事業にしたい予定ですが、このへんは変動するかもです。

 

この夢は二十歳くらいからずっとあるのですが、初めてこの夢を共有したお友達にたまたま鍼灸師さんがいらっしゃって、ピラティスにも理解を示してくれているので、いつかコラボしたいねと話していました。コラボできるといいなぁ。

 

別件で鍼灸師のお友達もいっぱい増えたので、本気でコラボしたいと思っています。(願望)

 

鍼灸師のお友達が増えたこと、またWendyとの出会いで

「流派にとらわれず、全体的に(ホリスティックに)身体を見れるように」

なりたいと強く思っています。

 

最近では、東洋医学の本を読んでみたり、鍼灸師さんからお話を聞いてみたりしました。

 

また、スタジオ時代にクライアントさんとしていらしていただいていたアロマテラピーの先生から習って、NARDアロマテラピーのアドバイザーを目指して勉強中です。

 

アロマのことは後日改めて書きますね。語ると長いから。

 

また、勉強したいこと沢山あるので、自分のお尻に火をつけるべく、羅列しておきます。良いワークショップ知ってるよって方は、ぜひ情報提供をお願いします。

 

・心理学

・ロルフィング

・フェルデンクライス

・オステオパシー

・継続的で最新の情報を得るための解剖学・生理学の勉強

 

(※資格取得をゴールにはしていないです)

 

まずは第一目標として、自分のピラティススタジオを持てるようになるために、今はフリーで活動中です。

 

マシンを自分で買えるようになりたいですー(;O;)!

 

 

以上がピラティスインストラクターRyoの自己紹介でした。

今は身軽に活動ができますので、沢山の方とお会いできたら嬉しいです^^!