Sponsored Link

ピラティスを初めてするときに必要なたった1つの持ち物

ピラティスを楽しむ
Sponsored Link

こんにちは、Ryoです(^〇^)

初めてピラティスのレッスンにいらっしゃる方によく

「何を持って行ったら良いのかわからない!」

とよく質問いただくので、必要な持ち物を書いていきます!

正直、「動ける服装」があれば大丈夫なのですが、本当にそれだけで良いのか疑問ですよね。

ちなみに、よく聞かれますが、

室内履き(シューズ)はいりません!!

素足で行います!!

私もよくいろんなスタジオにレッスンに行くので、そのスタジオによって用意されている備品が違うから、気持ちはよくわかります。

そこで、ピラティスインストラクターの視点から、「これがあると初めてのピラティススタジオでも安心してレッスンが受けられる」というものをご紹介させていただきます。

私がピラティスのレッスンを受けるときに持って行くものと同じなので、もしピラティススタジオに初めて体験に行かれるという方は、この記事を読みながら準備いただければ、スタジオについてから失敗することもありません。

5分くらいでサラッと読めますので、是非参考にしてみてください♪

基本は「動ける服装」があれば大丈夫!

人によっては学生時代の体操着を持ってくる方もいらっしゃいます。

体操着は動きやすいですもんね。

ズボンの長さは問いませんが、膝上~長ズボンの方が多いです。

最近のスポーツウエアだとスパッツタイプのものが流行なので、足首までのスパッツをはいてレッスンを受ける方も多いです。

インストラクターのほとんども、スパッツタイプのズボンの人が8割くらいですので、スタジオ内で恥ずかしいということは全くありません。

みんな大好きルルレモン

ヨガはゆったりとしたウエアが多いですが、ピラティスだとぴたっとした身体のラインがわかりやすい方が良いです。

なぜなら、姿勢や身体のラインから動きの修正をすることが多いからです。

ユルユルでダボダボの服装だと、身体の左右差やどこに姿勢の悪いところがあるのか見つけづらいので、インストラクター側も指導が難しくなってしまいます。

せっかく身体をよくしたいと思って通っているのに、身体が良くならなかったら悲しいですよね。

最初はちょっと恥ずかしいかもしれませんが、インストラクターのために、ピラティスの効果を最大限に得るために、身体のラインが見える服にしてみてくださいね。

・水分補給の「飲み物」

規模の大きいスタジオだとウォーターサーバーやお水の用意があることが多いです。

しかし、中にはお水が有料だったり、そもそもお水の用意がなかったりもします。

行ってから困ることがないように、初めて行くスタジオだったら小さいペットボトルで大丈夫なので、是非飲み物を持って行った方が良いです。

「私は汗かかないからお水なんていらない」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、ピラティスは呼吸を深く行うので、想像以上にのどが渇きます。

口から息を吐くので、お口の中が渇くことがあります。

また、少なからず汗もかくので、体内の水分が失われがちになります。

そして脱水症状により筋肉がつる(足がつるなどの)原因になることもあります。

このような理由から、是非水分補給をしながらレッスンを受けてほしいと思います。

もしも初めて受けたレッスンが想像以上にハードで、汗だくになってしまった時に水分補給ができないとつらいですよね。

スタジオ側から「お水がありますよ」と案内がないときは、ご自身で用意して持っていくとこをオススメします!

・汗をかきやすい人は「フェイスタオル」を

私は汗をよくかくので必ずタオルを持っていきます。

いつも使う小さいタオルハンカチでも大丈夫です。

私はよく汗をかくので、ちょっと大きめの正方形のフェイスタオルや、夏場だと細長いフェイスタオルを持っていくこともあります。

レッスン前後にお手洗いに行かれることもあると思いますし、その時にハンカチをロッカーにしまってきて来てしまった!という時もあるので、ピラティス用にハンカチやちょっとしたタオルを用意しておけば安心です^^

・寒がりな人は「靴下」も持っていきましょう

ピラティススタジオは意外と冷房が効いていることがあります。

また、最初は小さい動きから始めることが多いので、身体が温まるまで靴下を履いているとすぐポカポカになれます。

冷え性の方は必須アイテムですね。

身体が温まってきたら、脱いでマットの横においておけば大丈夫です。

私もよくレッスン中に靴下やら上着やらを脱いでマットの横に置きながらやります。

普段はいている靴下で大丈夫ですが、モノによってはマットで滑ってしまったり、マシンを使ったプライベートレッスンで滑りそうになってしまうこともあります。

もし滑るのが心配であれば、足裏に滑り止めの付いた靴下を持っていきましょう。

靴下屋さんや、スポーツ用品店で売っています。

特に最近のスポーツ用品店では、ピラティスでも使えるようなヨガ用の滑り止め付きの靴下が売っています。

ヨガは基本的にマットの上で行うので、そういった滑りにくいヨガ専用の靴下がいっぱいあります。

特にSuriaの靴下は、足指や必要なところが空いていて、ピラティスの時も大事な足裏の感覚が得やすいのでおすすめです。

Suriaの靴下はもう5足くらいずっと買い足して使っていて、夏でも冬でも大活躍です。

特に長めのタイプのものは足首が温かいです。

足指が空いているので、マットの上で滑りませんし、ほどよい場所が布になっているので足の汗も吸ってくれます。

もっと寒がりな方は、レッスン前や最初の方にTシャツや薄い長袖の服をウエアの上に着て行えば、寒くて体が動きづらいこともありません。

もちろん、あんまりモコモコに着込んでしまうと、インストラクターも身体が見づらいので、薄手のものだと良いかなと思います。

でも冬はしっかりと暖房が効いているスタジオがほとんどですのでそこは安心してくださいね!

(あと、動いているうちに身体が温まってくれるはずです!)

ここでもう一度、初めてのピラティスに持っていくと良いものをおさらいしておきましょう!

まとめ

  • 基本は「動ける服装」があれば大丈夫!
  • 水分補給の「飲み物」
  • 汗をかきやすい人は「フェイスタオル」を
  • 寒がりな人は「靴下」も持っていきましょう

初めての場所、スタジオに行くのはとても不安になりますよね。

でも、ピラティスをやってみたい!と思ってスタジオにご連絡いただけたことをインストラクターはとても嬉しく思っています*^^*

ですので、困ったことがあったら連絡して大丈夫ですし、お水などがあるか聞きたかったらメールなどで質問して大丈夫です!

補足として繰り返しお伝えしますが、室内用の運動靴は必要ないので、裸足or靴下で用意していただければ大丈夫です!!

それでは素敵なピラティスライフを!

コメント